スポンサードリンク

2013年05月30日

橋下徹市長!毎日新聞・朝日新聞の憎悪の炎と韓国・中国のスパイ問題

「橋下市長問責」否決の見通し 公明が反対

2013.5.30 18:05

大阪市議会の自民党など3会派が提案する日本維新の会共同代表の橋下徹市長に対する問責決議案が否決される見通しとなった。

第2会派の公明が30日午後、本会議に先立ち、反対に回ることを決めた。

問責決議案は、慰安婦発言などで市政を大きく混乱させたとして、橋下氏に「猛省を促す」内容。自民、民主系、共産が市議会に共同提出する。

公明は当初、賛同する方向だったが、維新幹事長の松井一郎大阪府知事が30日午前、「問責決議は市長を辞めろということ。

出直し市長選を行い、民意を問わなければならない」と述べたことを受け、問責決議案への対応を協議していた。 

公明は、問責決議案とは別に、問責の言葉を明記していない慰安婦発言に関する決議案を単独で提出する。

問責でなければ、橋下氏は辞職しないと判断したとみられる。

大阪市議会は、自民、民主系、共産の3会派を合わせると34議席となる。

第1会派の大阪維新の会は33議席で、19議席を持つ公明の動きが焦点となっていた。


ここまで産経ニュースより引用

http://sankei.jp.msn.com/



日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長は、従軍慰安婦発言を誤報だと主張しました。


誤報だなんて、言葉が柔らかすぎます。


捏造報道です。



橋下徹大阪市長の発言全体からは、戦争というのは愚かしいもので、世界中で、世界の警察を自負するアメリカ様ですら、従軍慰安婦制度なるものが必要だと思ってしまったという意味合いが十分に伝わります。


関連記事

橋下徹大阪市長の従軍慰安婦問題!鬱陶しい辻本清美・蓮舫・森ゆう子

橋下徹市長 従軍慰安婦発言!友達のおなかを蹴る みんなの党・渡辺喜美



特に毎日新聞社大阪本社編集局長の若菜英晴が、橋下徹大阪市長を執拗に攻撃しているようです。


以下、毎日新聞社大阪本社編集局長の若菜英晴の記事

http://www.mainichi.co.jp/


橋下氏は後に「風俗業発言」は撤回したが、文脈から伝わったのは、従軍慰安婦問題の見解や歴史認識以前の、橋下氏の人権感覚、人間観ではないだろうか。

国内外に批判が広がったのもこの点にある。

「報道で正反対の人物像・政治家像が流布してしまった」と橋下氏は言う。

しかし、流布した原因は橋下氏の発言、言葉そのものにある。

報道批判は責任転嫁だ。

ましてや、「日本人の読解力不足」との指摘はあたらないし、「他国も同じようなことをした」との主張は論点のすりかえと映る。



関連記事

日本維新の会・橋下徹市長の従軍慰安婦発言とコスプレ不倫報道の代償


また、誤報だという指摘に対して、「本誌に関しては具体的にどの記事を指しているのか定かでない」と、すっとぼけたことを言っているので教えてあげようと思います。


まず、橋下徹大阪市長は、「日本人の読解力不足」と言ってません。


「みなさんの読解力不足」と言いました。


発言時の状況から、みなさん=マスコミの連中=お前たちです。


当然、単語を変えてしまえば文脈も変わります。


また、文脈を変えたいから単語を変えるのでしょう。


「他国も同じようなことをした」との主張は論点のすりかえとありますが、もともと橋下徹大阪市長の主張・論点はそこにあるのです。


安っぽい女性差別問題、女性蔑視問題にすりかえてしまったのは、日本のマスコミです。


下記の表現も正確を期していません。


× 国内外に批判が広がった


(私どもが)国内外に批判を広げた



朝日新聞社・毎日新聞社の偏向報道は目に余ります。


橋下徹大阪市長に対して、尋常ではない憎悪の炎を燃やしているようです。

(炎_炎)めらめらめら



朝日新聞社・毎日新聞社が、新聞社の使命・プライドも何もかもかなぐり捨ててまで、アンチ橋下徹・アンチ日本、韓国万歳・中国万歳を日本に浸透させようと捏造記事を量産し続ける理由とは、いったい何でしょう。


果たして、単純な憎悪だけなのでしょうか。


ふと思い浮かぶのは、中国人・韓国人のスパイ行為です。


2010年に韓国の国家情報院がオーストラリア政府の高官に近づき、通商上の機密情報を入手するスパイ事件が発生しました。


また、中国は従軍慰安婦問題を許せないとしている割には、女性であることを最大に利用したスパイ行為が得意なようです。


自由民主党の谷垣禎一は中国人女性売春疑惑で中国公安当局に嵌められました。


故橋本龍太郎元首相が不倫関係にあった中国人もスパイでした。


上海の日本領事館の領事も中国の女スパイに引っかかり、悩んだ末に自ら命を絶ちました。


海上自衛隊でも、中国人妻を持つ自衛官がイージス艦の中枢情報を外部に持ち出す事件が発生しました。


ハワイ在住の元米軍の将校も32歳年下の中国人女性に核情報漏らしたとして逮捕されました。


こうして考えていくと中国の女スパイが、日本のマスコミに入り込むなどお茶の子さいさいだということが推測できます。


日本のマスコミには入り込んでいないと楽観的に考える方が無理がありそうですね。



日本のマスコミは中国・韓国のスパイとしての任務を遂行しているのかもしれません。


また、女性であることを利用した制度・従軍慰安婦制度に対するマスコミの歪んだ怒りは、同じく女性であることを利用した罠・女スパイに自分たちが嵌ってしまったことに対する怒りもあるのかもしれません。。。
スポンサードリンク
posted by 愛眼ってどうよ 大阪市天王寺本社の眼鏡屋
Comment(0) | TrackBack(3) | 関連ニュース・社会 マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天市場
スポンサードリンク
ウェブ検索

当サイトとおすすめサイト内検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。